~Education~

CBD原料についての情報を公開しています。

トータルカンナビノイドが100%を超えているのはなぜ?

トータルカンナビノイドが100%を超えているのはなぜ?

成分分析って実際にどうやって評価されているのか?
実は、検査機に掛けたら数字が自動的に出てくるわけではなく“クロマトグラフィー”というグラフで表示されます。
そのグラフを化学者たちが読み解き、数値化しています。
その為、まったく同じbatch#の原料であっても必ず同じ数値が出るわけではないのです。

こちらの動画で、一部ですが分析機を紹介しています。
Californiaのラボオーナーが直接、機器の説明をしてくれていますので是非ご覧ください。

COA(成分分析表)が第三者機関発行かの見分け方

COA(成分分析表)が第三者機関発行かの見分け方

CBDを取り扱うにあたって、COA(成分分析表)は必ず確認したい大事な書類です。

そしてこの成分分析表は「第三者機関発行である事」が重要とされています。

それでは、いま皆様が手にしている成分分析表は第三者機関発行の物なのかどうか、どうやって確認するのでしょうか?

そのポイントについて解説しています。

MIGOTOオーナーが現地で検査に携わる事の重要性

MIGOTOのinstagramでは最新の原料情報を発信しています。
入荷情報や国内在庫状況なども発信しておりますので
是非フォロー下さい。

MIGOTOがCBTを取り扱わなかった理由

様々なマイナーカンナビノイドを取り揃えているCBD原料ブランドのMIGOTOがCBT(カンナビノトリオール(Cannabitriol))を取り扱わない理由を

解説しますと、自然とオーナーの鳥井が現地で管理する事の重要性が見えてきます。

サプライヤーが出したCOAでは低いレベルのLOD(検出限界)でND(未検出)であったにも関わらず、鳥井が独自の検査をかけると

日本へ送れないレベルのTHCが検出されてしまいました。

MIGOTOの原料は、日本人である鳥井の手により厳しい検査に掛けられ、合格した物のみが日本へ輸出されています。

migoto